YouTube,18歳未満の投稿動画はデフォルト「非公開」

Googleは18歳未満の保護対策を強化するため,13~17歳のユーザーがYouTubeに動画投稿をする際,初期設定で「非公開動画」となる.これは数週間で適用されるよう調整していく見込みだ.またこの他に13~17歳のユーザーには,初期設定が自動再生がオフとなり,休息とおやすみ時間の通知がオンとなる.

13歳未満の子供は「YouTube Kids」で,自動再生オプションが追加された上で,自動再生が初期設定でオフとなる.保護者が自動再生について変更でき,今後数ヶ月で提供される予定.

また企業からYouTuberに提供として紹介している動画で「プロモーションを含みます」と表示されるようになているが,子供が見る場合は表現をわかりやすくして「このチャンネルは,この動画を制作するためにお金またはお金以外のものを受け取っています」と表示される.ちなみにYouTube Kidsではプロモーション動画は表示されないため,YouTubeのみの機能となる.