【+メッセージ】MVNOにも対応に

ドコモ,au,ソフトバンクの大手3大キャリアで合同に提供している「+メッセージ」が9月2日からUQ mobileやpovoなどのau回線を使うMVNOに対応しました.ドコモは9月下旬に,ソフトバンクは来年春にもサブブランドやMVNOへの提供を行う予定とのことだ.Google PlayやApp Storeからダウンロードすることで利用可能となる.

SMSで、できることをもっと。プラスメッセージ。

一時期はLINEを打倒できるのではと言われていた「+メッセージ」.ユーザー数は7月に2500万人を突破.規模を拡大してきているように見えるが,これまでサブブランドやMVNOに対応していなかったりまだまだサービスに課題があったがまず一つ解消された.

機能面としては2019年に企業アカウントの提供をスタートさせ,首相官邸や東京海上日動などのアカウントを登録できるようになっている.他にスタンプも徐々に数を増やしている.

注意点としてこの+メッセージ,ドコモ,au,ソフトバンクの大手3大キャリアとそのMVNOは使えている,または順次使えるようになるが,楽天モバイルは使えない.楽天モバイルではRakuten Linkがあり,同じRCSを採用しているため相互接続を行えば+メッセージも使えるかもしれないが,Rakuten Linkではスタンプなどの機能がないなどあるため,楽天モバイルにも対応するにはまだ一筋縄にはいかないと思われる.

+メッセージが使われているRCSには,決済や送金,予約などのさまざまなプラットフォームとして期待されているが,+メッセージはメッセージのやりとりのみとなっている.これからどう進化していくか期待だ.

ITニュース

Posted by だいきち