【10万円給付詐欺】フィッシングに注意

フィッシング対策協議会は24日,2回目の10万円給付金の申請をするフィッシングメールを確認したとして注意を呼びかけている.申請するためにマイナポータルに似たサイトへ行くと,氏名や住所・クレジットカード番号・有効期限・認証コードなどの入力をすることになる.他にも免許証の写しや口座の写しなども送信するよう求められる.

本物のサイトをコピーして作成するため見分けることが困難である.個人情報の入力を要求された場合は,フィッシングの可能性がないか一度立ち止まって確認する必要がある.

ITニュース

Posted by だいきち